シンガポール遠征を終えて その2

2017.09.02 Saturday

0

    早いですね、今年も8月が終わりました。

     

    そして夏休みのmy宿題が完了しました。

    御協力頂いた関係者、協賛や共感頂いた企業、団体、友人の皆様、受け入れをアレンジし大歓迎して下さった各クラブ、学校の皆様、ありがとうございました。

    怪我、事故無く日程を無事終える事が出来ました。

    そして一緒に参加した15名のプレーヤー、監督、皆さんと御一緒した1週間は楽しくあっという間でした。

    ありがとうございます。

     

    毎年対戦するSIN Jr. のプレーヤーの急成長に感激し、飽きっぽい自分が何かを続けてゆくことの良さを体験した合宿でした。

    その少年とは、2015  2-02016  1-22017は既にナショナル候補でオジさんは相手になりません。

    逆に何だか嬉しいです。

     

    スカッシュというひとつのスポーツとの色々な関わり方、楽しみ方。競技を通じて世代や国を超えた交流は日常生活も広がり良い影響があるのを確信しました。

    気持ちの中でシンガポールがより近くなり、現在の環境より拡がりますよね。

     

    そして、9月の今、新学期気分の新鮮な気持ちで時間の速さに対抗しつつ、スカッシュに日常生活に臨んでゆこうと小さく決意するのであります。

     

    日本にもスカッシュ愛好家がいることをアジアに世界に発信してゆきましょう。

     

    Enjoy Tiger beer and See you next year

     

    Yas Hisada

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    一昨年、昨年に引き続き三年連続合宿に参加させていただきました。

    高額なお金を出してくれた親には感謝しきれません。

     

    今回は昨年より負けた回数は少し多いですが、試合数は今回の方が多いです。たくさんの人と試合をさせてもらえたり、ザイナルコーチにスカッシュを教えてもらったりとたくさん経験値を得ることができました。これを練習の時から意識して、試合で活かせるように頑張ります!

    最終日は昨年と同様に、USS→リュージュ→リフト→セントーサマーライオンのライトアップとすごく楽しかったです。

    日本では味わえない充実した毎日でした。

     

    最後になりましたが、潮木さんを始め、協賛してくださった方々、一緒に行った社会人の方々、学生の方々、忙しいのにも関わらず毎日洗濯をしてくださったアングさんやメイドさん、本当にありがとうございました!

    そしてお世話になりました!

    次お会いする時に、レベルアップしたねと言われるように、自分に厳しくトレーニングを重ねたいと思います!

     

    尾潟祥汰

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    1週間のシンガポール遠征を終えました。

    普段と違う環境の中で、初めて出会う方々と試合をスカッシュをさせて頂き、非常に濃い1週間でした。

     

    潮木さんや、シンガポールの選手の方々からも沢山アドバイスを頂き、本当に有難かったです。

    スカッシュの技術面では、私のこれからの課題はショットの精度だと感じました。

    午前の潮木さんのレッスンの時に、ショットの精度を上げるための練習を沢山して頂きました。

    午後の練習試合では、午前の練習で学んだことを意識して試合しました。

    ショットの精度を上げるのは時間のかかる課題だと思いますが、これからも努力していきたいと思います。

     

    また、スカッシュの技術面以外にも、普段と違う環境で沢山の出会いがあり、集団で行動する中で自分自身が成長できたと感じています。

    最初は、異なる国で育ち、文化や考え方の違う人と話すのは少し怖かったです。

    しかし、現地で出会う選手の方は皆優しく、沢山コミュニケーションをとることができました。

    そしてなにより、スカッシュというスポーツよ魅力を改めて感じました。

    日本ではまだマイナースポーツですが、世界にはスカッシュを楽しむ人が沢山いることを知り、素直に嬉しかったです。

    スカッシュを通じて、国を超えて色々な人と出会えることは本当に素敵だと感じました。

    これからもスカッシュを通じて出会う方々との出会いを大切にし、スカッシュと向き合っていきたいです。

    そして、スカッシュの魅力を更に更に広めていきたいと感じました。

    今回は、このような貴重な機会を頂き、本当にありがとうございました。

    私は現在スカッシュを初めて2年目になり、楽しむというよりは勝つことばかり考えていました。

    シンガポール遠征の直前に行われた関東学生スカッシュ選手権大会では思うような結果が残せず、どんどんスカッシュが楽しくないものになっていました。

    しかし、今回の遠征でスカッシュを楽しんでプレーする方々と出会い、自分が好きなスポーツを好きなだけできていることに気付きました。

    また、そのような方々とスカッシュをすることで、自分もスカッシュって楽しいなと感じました。

     

    これからも、今回の遠征で出会った方や、お世話になった方々に良い報告ができるよう、スカッシュを楽しむ気持ちを忘れずに頑張っていきます。

    本当に1週間お世話になりました。

     

    ありがとうございました。

     

    今井佑歌